破産する際、会社更生と民事再生の違いは何?

b846563c9af1728b6fbc13d9597c2c87_s

会社更生と民事再生の違いはなんなのでしょうか。

どちらも会社が再建するための手段であることには違いはありません。

 

  • 経営陣に退陣が必要かどうか
  • 個人が申請できるのかどうか
  • 手続きが簡単か煩雑か
  • 財産を自由に処分できるか

 

この4つにおいて、違いがあります。

 

経営陣に退陣が必要かどうか

 

経営陣が退陣しなくても良いのが民事再生。

経営陣が退陣しなければいけないのが会社更生。

 

再建の最初の選択肢としては、

現在の経営陣が残れる民事再生が好まれることが多い傾向にあります。

それでも、

債権者数が多かったり、現在の経営陣に不信感があるような場合は、

会社更生を選択せざるおえないことになります。

 

個人が申請できるか

個人が申請できるのが民事再生。

法人しか申請できないのが会社更生。

 

民事再生は会社だけではなく個人も申請することができますが、

会社更生は個人が申請することはできません。

 

手続きが煩雑か

手続きが簡単なのが民事再生。

手続きが煩雑なのが会社更生。

 

どちらも、裁判所に再建計画を提出することになりますが、裁判所が認可をするまでの期間が異なります。

認可を得るまでに民事再生は約半年、会社更生は数年かかることも珍しくありません。

というのも、会社更生は裁判所が選任した管財人しか再建業務を行うことができません。

これに対して、民事再生は裁判所が選任した監査人がつきますが、

会社主導で再建業務を行うことができるので処理が早く進む傾向にあります。

 

財産を自由に処分できるか

 自由に処分できるのが民事再生、自由に処分出来ないのが会社更生となります。

 

民事再生では現経営陣が監査人の元で自由に財産の処分をできますが、

会社更生では裁判所が選任した管財人が財産の処分をしていくことになります。

街角法律相談所