破産における免責の確定の意味とは?

789c2d9759057f297cde67086fbd7c08_s

破産手続きにおいては、

免責の確定がおりるかどうかが重要です。

 

免責の決定がされただけでは借金はなくなりません。

 

免責の決定と確定の違い

 

免責の決定は、裁判所がこの人を免責にしますが異議ある人はいますか、と宣言した状態。

免責の確定とは、異議ある人はいないようなので、免責を確定します、と法的に借金を0にした状態を指します。

 

免責の決定は自己破産の一歩手前の状態であり、まだ自己破産が認められない可能性があります。

免責の確定になると、自己破産が決定され借金を0にしたことが覆ることのない状態になります。

 

いつ決定するのか

 

免責決定が官報に載った後、

2週間経てば確定します。

 

官報に免責決定が掲載されてから2週間の間であれば、

債権者が異議申し立てをすることができます。

この2週間の間に、債権者から異議申し立てされなければ、免責が確定します。

 

なお、免責決定の写しは郵送されてきますが、

免責確定証明書は郵送されません。

 

ですから、依頼した弁護士に連絡をし、

手数料を払う事で免責確定通知書をもらうことが可能となります。

 

債権者に提出を求められた場合は、

証明になるので、気になる方はもらっておいたほうがいいかもしれません。

街角法律相談所