免責の不許可事由があったら、破産はできない?

db33e563e47fec7abcee9a104117111e_s

免責の不許可事由があると、破産は難しいのでしょうか。

 

免責の不許可事由とは?

 

自己破産をするにあたって、

借金の原因によっては免責が許されないことがあります

 

その免責が許されない借金理由のことを、

免責不許可事由と言います。

 

免責が許されないということは、

借金は残ったままで支払わなければならない、

という最悪状況になります。

 

免責不許可事由の種類

 

免責不許可事由は、

破産法252条1項に規定されます。

 

・財産を隠した

・クレジットカードで買ったものを換金した

・一部の債権者だけに弁済した

・ギャンブルや浪費

・身分を偽って借入をした

・裁判所に嘘をついた

 

財産を隠した

現金や保険等の財産を報告せずに隠したり、申立の直前に車や自宅の名義を家族名義に変更した場合、

免責不許可事由となります。

 

クレジットカードで購入した商品を換金した

クレジットカードで買い物をして換金していると、免責不許可事由となります。

 

一部の債権者だけに弁済した

お世話になった友人や親族を優先して借金を返済した後に、自己破産を申し立てた場合、

免責不許可事由となります。

 

ギャンブルや浪費

パチンコ、競馬、競艇等のギャンブル、

株取引、先物取引、FX取引、オンラインカジノ等の射幸行為、

キャバクラや風俗、

等が原因での借金は認められていません。

 

身分を偽って借入をした

申し立てをする1年前に、借入の際、提出する身分証明書や所得証明書を偽造していた場合、

免責不許可事由となります。

 

裁判所に嘘をついた

裁判所の調査や提出する書類に嘘があることも、免責不許可事由となります。

 

免責不許可事由があったら自己破産の申し立ては無理なのか

 

自己破産の申し立ては無理ではありません。

 

免責不許可事由があっても、

破産者に深い反省が見られるような場合は、

裁判官は裁量免責というもので、免責を与えることができます。

 

自己破産は、

経済的に失敗した人を立て直すというのが目的の制度ですから、

裁量免責が認められているのです。

 

ギャンブルや風俗等の免責不許可事由があっても、

それを正直に弁護士に話すことが重要です。

 

誠心誠意尽くせば、あなたの味方になってくれます。

あなたは一人ではありません。

街角法律相談所