破産が免責されたら、税金は免除される?

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

破産したら滞納していた税金は免除されるのでしょうか?

 

多重債務になってしまうと、借金の返済に回ってしまい、

なかなか税金を支払うことも難しくなりますよね。 

そのため、自己破産を考えている方には、

税金を滞納している状態が多く見られます。

 

破産で税金は免除される?

 

非常に心苦しいのですが、税金は免除されません

 

税金は「租税などの請求権」に当たる非免責債権に含まれているからです。

 

租税などの請求権は、

国税、自動車税、住民税、自動車税、国民年金、健康保険、など多岐にわたります。 

 

免責されないということは、

自己破産したとしても、税金の支払いからは逃れられません。

 

滞納があると、税務署は税金を支払うように請求をしてきます。

そのまま支払わないでいると、催促状が送られてきます。

そして、強制執行や差し押さえが行われます。

自己破産していようがしてなかろうが、慈悲なく行われます。

 

他の非免責債権としては、

離婚した際の慰謝料や子供の養育費、不法行為に対する損害賠償があります。

 

破産後に税金が支払えない場合の対処法

 

自己破産後税金が支払えなくなってしまった場合、

まずは市役所や税務署に相談しましょう

できれば、弁護士同伴で窓口に行くことがベストです。

 

相談することで延滞税を免除してくれる可能性が高いので、

税金の元分を支払うことができるかもしれません

また、長期の分割支払い納付期限の延長などにも応じてくれる可能性もあります。

 

ですので、一人で抱え込まず、弁護士に相談しましょう!

街角法律相談所