破産で免責を受けるまでの期間はどれぐらい?

28234b94a27b62b8792e3a6fc798a0b1_s

破産で免責を受けるまで、どれぐらい期間がかかるのでしょうか?

 

手続きはほぼ同じなのですが、

免責までの期間は個人と法人で異なります

 

破産の手続き

 

破産手続きは、下記のように進んでいきます。

 

受任通知

財産の保全

資料収集・事情聴取・申立書類準備

破産申立

破産開始決定・破産管財人選任

破産管財人との打合せ・破産管財人の管財業務進行

債権者集会の開催

債権者への配当

終結・廃止決定

 

個人が免責確定までにかかる期間

 

個人で自己破産をすると、

管財事件になる場合と同時廃止になる場合の2つがあります。

 

管財事件になった場合

管財事件の場合は、6ヶ月から1年半ほどかかります

管財事件の場合は同時廃止よりも3ヶ月から6ヶ月ほど、期間が延びます。

 

受任通知を出してから破産申立をするまでは1ヶ月から1年。

個人差があるようですが、申立まで稀に1年を超える方もいらっしゃるそうです。

 

破産申立から破産手続き開始決定まで、1ヶ月。

 

破産手続き開始決定から債権者集会まで、約3ヶ月。

東京や大阪等の首都圏は、2ヶ月位となります。

 

債権者集会が無事に終了すると、2週間ほどで免責の決定通知が出されます。

 

免責の決定通知をもらってから、1週間ほどで官報に掲載され、

その2週間後免責が確定し、あなたの借金は0になります。

 

同時廃止になった場合

同時廃止の場合は、約5ヶ月ほどかかりますが、管財事件よりも手続きが早く終わります。

破産手続開始決定と同時に破産手続の廃止決定がされ、免責審尋が行われるからです。

同時廃止には、債権者集会がないのです。

 

受任から破産申立まで、約1ヶ月。

 

破産申立から免責審尋まで約3ヶ月

 

免責の確定まで1ヶ月。

 

なお、申立の際に収める費用も、

同時廃止は少なくて済みます。

 

法人が免責確定までにかかる期間

 

法人の場合は、個人と異なり、同時廃止がありません

すべてが管財事件となります。

 

個人の管財事件の場合と同じように進んでいきますが、

法人の場合は債権者集会が複数回行われるため、2年以上かかる事も珍しくありません。

街角法律相談所