自己破産したら、仕事はどうなる?

0716f2e4a7cc103f305aea0fb6277a1a_s

自己破産したら、 現在の働いてている仕事は辞めなければいけないのでしょうか?

 

自己破産を申請している私の場合は、 辞めていません。

が、自己破産の手続き上、 辞めなければいけない仕事も存在します。  

 

自己破産して辞めざるおえない仕事

 

下記の職業の方は、 資格制限がかかり、職を失うことになります。

・弁護士

・司法書士

・公認会計士

・税理士

・宅地建物取引主任者

・行政書士

・株式(有限)会社の取締役

・警備員

・生命保険の外交員  

こうして見ると、たくさんの職業がありますね。  

これだけの職業が、 自己破産を申請すると、 資格や職に制限がかかり、失うことになります。  

あなたが、 上記の職業に該当していたら、 不安ですよね。  

 

でも、安心してください。  

 

資格を失っても、免責決定後は復活

 

免責が決定した後は、 資格制限がなくなります。  

自己破産を申請して、 職業資格を失ったとしても、 それは一時的な話しです。  

免責が決定すれば、 資格制限がなくなるので、 今までと同じ様に働くことが出来ます

 

自己破産を申請して辞めざるおえなくなった人の例

資格制限以外で、 辞めてしまった人の理由として、 下記があります。  

 

職場の人に知られてしまった  

裁判所や弁護士に知り合いがいてバレた  

 

うーむ、 この理由は、心臓が痛くなる程、 理解できます。  

 

職場でも、 普段からよく顔を合わせる人に知られてしまうと、 気まずいですよね。  

影で噂をされているでしょうし。  

しかも、 自分一人ならまだいいとしても、 家族がいる場合は、 本当に胸が痛むことでしょう。  

 

私も、 職場の方にバレたら、 辞めます。  

 

職場の人に自己破産はどうやってバレるのか?

 

実際、職場の人にバレるとしたら、 どういった形でバレてしまうのでしょうか。

 

多かった理由が、 官報にのっていた自分の名前と住所を見られた。  

 

公的な職場や金融機関に勤めている方は、 官報をチェックすることが多いでしょうから、

そこで、バレる可能性があるようです。  

 

バレなかった方もいますから、 そこは、運を神様に任せるしかないですね。  

 

まとめ

 

自己破産しても仕事を辞める必要はない。  

 

・ただし、弁護士、税理士等の資格が必要な仕事は、 自己破産申請後、免責が決定するまで、

 一時的に辞めなければならない。  

 

官報を見る事が多い職場に関しては、バレる可能性がある。  

 

私自身もどうなるか分かりませんが、 バレるまでは辞めるつもりはありません!

街角法律相談所