自己破産したら、パスポートはどうなる?

f08cc3cb9f6e5a73e4fea67336791b57_s

 

 

自己破産したら、 海外旅行には行けない。  

こんな噂を聞いたことはありませんか?  

 

パスポートといっても、2種類の方がいます。

 

既にパスポートを持っている人とまだ持っていない人。  

既にパスポートを持っている方は、安心してください。

 

自己破産しても、取り上げられることはありません。  

パスポートを持っていない方も安心してください。

 

自己破産しても、申請できます。  

つまり、 自己破産をしても、パスポートの取得には影響がありません。    

 

自己破産したら、パスポートは取得できないという噂はどこから?

 

旅券法の第13条で定められている要件に、

自己破産が当てはまるという誤解から来ています。  

 

パスポートを発給できない要件として、

・死刑や無期懲役、2年以上の刑により逮捕

・拘留されている者 ・禁固刑以上の刑に処され、執行中もしくは執行猶予中の者

・パスポートの偽造をした者、偽造未遂をした者 等があります。  

 

自己破産は債権者にお金を返さなかったのですから、悪いことです。  

自己破産は決して、二度と引き起こしてはいけない。  

でも、 刑事罰ではないのです。  

 

パスポートは通常の方と同じように発給されますから、 安心してください!  

ただし、 自己破産が影響をおよぼすことがあります。  

それは、 パスポートを利用することになる海外旅行です。    

 

自己破産をしたら、海外旅行は行けないのか?

 

自己破産したとしても、 海外旅行に行くことは問題ありません。  

 

問題があるのは、 破産管財事件になった場合です。  

破産手続き期間中は、 裁判所に許可を得なければいけません。  

長期間、連絡が取れないことを防ぐためのようです。  

 

裁判所の立場からしたら、 破産手続き中に連絡が取れなくなったら、 困りますしね。  

それに、海外旅行に行くお金があるのに、

なぜ債権者に支払うお金はないのか? という道徳的な問題もあるのかもしれませんね。  

 

勘違いしてはいけないのが、 海外旅行に行ってはいけないということではなく、

仕事上の転勤友人の結婚式などであれば認められるようなので、

弁護士に事前に相談することが大事です!  

 

裁判所に許可を得ずに、 海外旅行に行ってしまった場合、

5万円以下の罰金または1年以下の懲役(破産法)が課されます。  

 

まとめ

 

自己破産しても、パスポートには影響がない。  

 

海外旅行に行くには、裁判所に許可が必要となり、制限がかかる。  

 

免責がおりれば、制限はない。  

 

自己破産の手続き中は、 よっぽどのことがない限り、 海外旅行には行けません。  

ですから、海外旅行のことは頭から外しましょう。  

その間に、 自分の今までの生活を見つめ直し、 これからの生活を考える機会にしてみてはいかがでしょうか。

街角法律相談所